圧倒的ブローバックを体感せよ!CO2ガスブローバックライフル



CO2ガスガンとは!? CO2ガスボンベとそれを利用するマガジン

▲従来のリキッドチャージ式フロンガスではなく、高圧のCO2ガスを封入したボンベをマガジンまたは本体にセットします。
冬期でも圧力が下がりづらく、フロンガスでは足元にも及ばないくらい強力なブローバックを体感できます。

ガスブローバック“ライフル” ガスブローバック“ライフル”

▲国産メーカーの参入からCO2ガスガンはだいぶ認知されましたが、それでもハンドガンタイプが多く、長物(ライフル)タイプはほとんどないのが現状です。
しかし、重量のあるボルトキャリアから成る圧倒的なブローバックに魅了されたユーザーも少なくありません。
当店では下記のメーカーラインナップがございます。

メーカーラインナップ紹介
GHKAIRSOFT.COM

▲台湾で設立したエアソフトメーカー
ガスブローバックライフルがメインの生産となっており、AKやM4シリーズを手掛けております。
フロンとCO2両方ともマガジンラインナップがあります。
当店ではメーカーがCO2ガス用に調整したCO2仕様を販売しており、同系統のCO2ガスブローバックでは随一のリコイルショックを誇ります。

▲台湾で設立したエアソフトメーカー
電動ガン/ガスガン共に外観が高品質なエアソフトガンを生産しております。
国内向けモデルではフロン仕様がほとんどとなりますが当店にてCO2仕様にして販売しているものがございます(詳細は下記参照)
外観のリアルさやリコイルショックの強さ、命中精度などトータルバランスに優れています。

VFC CO2カスタムバージョン
アッパーチューン

VFCガスブローバックは機種ごとに仕様や個体差がありますが総じてHOP性能がイマイチなところがございます。本体自体はリアリティが高く、所有感を満たせるだけにこれでは残念です。
「アッパーチューン」は名前のとおり、アッパーレシーバー内のチューニングで主にHOP-UP性能の向上を目指し、チャンバー及びローディングノズルの加工及び調整を行いました。

アッパーチューン

【施工内容】
□ローディングノズルの長さを変更
□メイプルリーフ製HOPパッキンに変更
□ホップアップクッションラバーを追加
□初速調整

放出バルブもVFCガスガンに合わせたGRADIUS製専用バルブに交換しております。

▲VFC本体を調整しただけではCO2化になりません。GHK製 M4マガジンにVFC対応の放出バルブを組込み致します。

GHKマガジンをVFCガスガンに使用できるようにマガジンキャッチ部分にスペーサーを取り付けてしっかりマガジンが保持できるようにしております。

▲さらにマガジンには装填位置を最適化させるためのスペーサーを取り付けし、しっかりマガジン保持ができるように致します。

純正ではHOP-UPシステムにガタがあり、せっかく調整してもHOPの具合が変わってしまいます。フォートレスではこれのガタ取り加工を行い、HOP調整のストレスを緩和させます。

▲BCMやURG-Iなどの機種ではガスブロックからHOP調整が可能で調整が楽なのですが、仕様上「ガタ」が出やすくなっております。フォートレスではガタが出ないよう加工を行います。

▲イモネジ追加で緩みやすいHOPシステムに対策をしています。

▲イモネジ追加で緩みやすいHOPシステムに対策をしています。