(新製品予約 8月以降)FORTRESS :APFG MCX RATTLER LT 6インチ 刻印Ver CO2カスタムバージョン完成品 SPEC2

商品コード 2500000295157
¥150,500 税込
数量
カートに追加しました。


※上記動画の施工内容は現行仕様と一部異なります。

※予約商品につきまして


・基本的には受注手配となりますので、注文確定後のキャンセルは承ることが出来ません。
また、当ご予約商品では「クレジットカード決済」もしくは「銀行振込」による「前払い」での受付のみとさせて頂き、「代金引換」でのご注文は承ることが出来ません。
確認次第キャンセル処理を行いますので予めご了承ください。
「銀行振込」をご利用の場合には、ご入金確認の完了をもってご予約受付とさせて頂きます。

・入荷時期につきましてはメーカーの都合により予告なく変更となる場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

・入荷数に対してご注文順に割り振りをさせていただきますので入荷数によってはご用意できない場合がございます。


---------------------------------------------------------------------------------------

実銃メーカーSIG SAUER(シグ・ザウエル)が開発・販売を行う
マルチキャリバープラットフォームでありAR15由来の操作性と
高い拡張性を持つモジュラーアサルトライフル『MCX』。
第三世代モデルのショートバリアントであるMCX RATTLER LTを再現したガスブローバックが登場です。

本商品の外観は、コンパクトな6.75インチバレルのMCX RATTLER LTをモデルとしており、
最新の第三世代MCXの特徴的なアウトラインやアンビ仕様となったロアデザインに加え
レーザー刻印にてレシーバー各部に再現された刻印により、
実銃の雰囲気をリアルに再現しているのが特徴です。

また、内部メカニズムは、
APFGではおなじみのVFC GBBメカニズムをベースとしたブローバックエンジンを搭載し、
ファイアコントロールメカニズムにもスチールパーツを多く採用しており、
安定したブローバックアクションを楽しめます。

ハンドガードは、補強用ボルトで固定された5.75インチ MーLOKハンドガードとなり、
ストックはミニマリストプラスタイプのフォールディングストックが装備されています。

HOP調整はガスレギュレーター部分を付属の六角レンチを用いて回すことにより調整が可能です。


このMCX RATTLERをフォートレスがCO2ガスブローバックにカスタム致しました!

【カスタム詳細】


タイトル


・内部カスタム仕様変更

2023年12月より、『VFC CO2カスタム』は2024年Verとして『CO2 カスタム SPEC2』と施工内容及び名称が変更となりました。
変更前と変更後の施工内容の違いは下記の通りとなります。

・『オリジナル延長ローディングノズル』の廃止 ・インナーバレルの加工及びチャンバー内の位置関係を変更
・インナーバレルの位置変更に伴い、HOPアームの加工/調整
・施工機種ごとに合わせたHOPクッション、パッキンの選定

『SPEC2』は当店で販売しております専用CO2マガジン『TYPE2』及び『TYPE3』『VFC対応 GMAG』両方とも使用可能です。

APFG MCX専用追加加工

・GHK製M4マガジンを対応させるためにマガジンハウジング内側の加工。
・リコイルスプリングテンションの見直し。
・リコイルバッファーに衝撃吸収力と圧力分散性能が高い『ソルボセイン』を追加。
・耐久性/作動性に問題がある純正ローディングをVFC純正に変更。
・純正では付属のサイレンサーに延長インナーバレルが組込みされていますが、実射性能に影響が出るため、内蔵インナーバレルをオミットしております。


・購入後60日間の初期保証付き

ベース商品があくまでも海外製のため、万が一不具合が起きた場合でも購入後2か月以内であれば無償修理or交換致します。また保証期間後でも有償にて修理対応致します。



※当カスタム完成商品には『専用 CO2マガジン』は付属いたしません。CO2カスタム完成品が初回注文の場合は上記バナーからご注文お願い致します(マガジンの商品説明内容は確認必須)

※ベースエアガンに付属しているフロンガス用マガジンはCO2カスタムにはご使用いただけません。

当商品はカスタム品のため納期が発生致します。現在の納期目安につきましてはページ下部の『カスタム製作部より』をご確認くださいせ。


VFCカスタム


オプションパーツ

※HOP 調整について
APFG MCX系はフロントのガスレギュレーターのつまみを回すことでHOP調整が可能です。
HOPがまったくかかっていない状態だとBB弾がチャンバーでしっかり保持されず、弾ポロが発生致しますので必ずHOP調整をお願い致します。