ACRO: エアコッキングハンドガン ベレッタ M1934 樹脂版

商品コード 2500000262234
通常価格 ¥10,780 税込
¥9,163 税込
数量
カートに追加しました。
第2次世界大戦中にイタリア陸軍の制式拳銃として採用された、ピエトロ・ベレッタ社製380ACP(9mmショート)口径中型自動拳銃『モデル1934』。同社のM1922で採用されて以来ベレッタ製自動拳銃のトレードマークとなった、スライド上部を大きく切り欠いて銃身を露出させたデザインは本モデルでも健在で、排莢不良によるジャミングのリスクを極限まで低減させています。

 その優美なスタイリングから、連合軍将兵が鹵獲品を土産として持ち帰ることも多く、自国製拳銃を差し置いて本銃を愛用する例もありました。第2次大戦終結後もかき集められたパーツを利用して生産が再開され、警察向けや民間人の護身用として長年人気を博しました。

 この『ベレッタ M1934』を、海外トイガンメーカー『ACRO』がエアコッキング式ハンドガンとしてモデルアップ!内部機構はオーソドックスなプルコッキング方式ですが、実銃の持つ特徴的なフォルムや各部の刻印なども余すところなく再現されています!

 スライド/フレームと言ったメインコンポーネントは、日本国内の規制に合わせて樹脂製に改修済み。装弾数は9発ですが、マガジン内に約20発分のリザーブスペースが設けられており、素早いリロードが可能となっています。

 トイガンとしてモデルアップされる機会の少ない1,930年代のヨーロッパ製自動拳銃としても貴重な製品です!