(新製品予約)S&T: M1891/30 Mosin Nagant エアーコッキングライフル リアルウッド 6~7月頃

商品コード 2500000225574
通常価格 ¥58,300 税込
¥49,555 税込
数量
カートに追加しました。
帝政ロシア時代の1891年に当時のロシア軍に採用され、以後旧ソ連時代に入ってからも1960年代まで運用が続けられた軍用ボルトアクション式小銃『モシン・ナガン M1891』。米国の30-06弾と同クラスの威力を持つ7.62mmx54Rと同時代の他国製小銃に比べて長めな銃身の組み合わせにより、優れた精度と長射程を実現しており、その信頼性の高さも高く評価されていました。

 1960年代に入り、後継となるセミオート式狙撃銃『SVD』(ドラグノフ狙撃銃)が採用されると徐々に現場から引き上げられていったものの、モシン・ナガンと共に採用された7.62mmx54R弾は機関銃や狙撃銃用として今なおロシアを始めとする旧共産圏エリアで使用され続けており、軍用としては最も長寿な弾薬となっています。

 工場出荷時の試射で平均よりも優れた集弾性が確認されたいわゆる『当たり個体』が狙撃銃として運用されたケースも有り、第2次世界大戦におけるスターリングラード攻防戦で活躍したソ連軍の狙撃手『ヴァシリ・ザイツェフ』や、ソ連/フィンランド間で勃発した冬戦争の英雄であり、ソ連軍兵士から『白い死神』の異名で恐れられたフィンランド軍の狙撃手『シモ・ヘイヘ』(※シモ・ハユハ)も、モシン・ナガンの愛用者として知られています。

 この『モシン・ナガン』を、海外トイガンメーカー『S&T』がボルトアクション式エアコッキングライフルとしてモデルアップ!フルメタル&木製ストックの組み合わせにより、実銃の持つ無骨な雰囲気がリアルに再現されています!

 マガジンは装弾数37発の着脱式で、ゲーム中のマガジン交換も容易。チャンバー周りはVSR-10規格のチャンバーパッキンと可変ホップアップ機構が採用されています。

<製品仕様>
●全長:1,238mm
●重量:3,400g
●装弾数:37発
●ボルトアクション/エアコッキングライフル


発送日目安:予約商品